Top > 劇団紹介

京都を拠点に活動する小劇場演劇の劇団。
1999年、劇作家・演出家・俳優の ごまのはえを代表として旗揚げ。
関西を中心に、福岡、名古屋、東京、札幌など日本各地で公演をおこない、2007年には初の海外公演として上海公演を成功させた。

一つの作風に安住せず、毎回その時感じていることを素直に表現することを心がけている。代表のごまのはえが描く物語性の強い戯曲を様々な舞台手法を用いて集団で表現する「芸能集団」として自らを鍛え上げてきた。シンプルな中にも奥の深い舞台美術や、照明の美しさ、音作りの質の高さなど、作品を支えるスタッフワークにも定評がある。

ごまのはえは、2004年に『愛のテール』で「第11回OMS戯曲賞大賞」を、2005年に『ヒラカタ・ノート』で「第12回OMS戯曲賞特別賞」を連続受賞。2007年に京都府立文化芸術会館の「競作・チェーホフ」で「最優秀演出家賞」を受賞するなど、劇作家、演出家として注目を集めている。

劇団名は、ムーンライダーズの楽曲「ニットキャップマン」に由来する。

goma.jpg
ごまのはえ
[劇作家・演出家・俳優]
kadowaki.jpg
門脇俊輔
[俳優・プロデューサー]
takahara.jpg
高原綾子
[俳優・制作]
sawamura.jpg
澤村喜一郎
[俳優・制作]
nowprinting
下河原浩祐
[俳優]
nowprinting
仲谷萌
[俳優]

※撮影:清水俊洋

■受賞暦(劇団)
2004年上演『男亡者の泣きぬるところ』で「新・KYOTO演劇大賞 金賞」
2005年上演『ヒラカタ・ノート』で「新・KYOTO演劇大賞 大賞・観客賞」
2007年上演コント集『ニットの世界』で「カラフル2 ちくさ座賞」
2009年上演『サルマタンX vs ドクターベン』で「カラフル3 コンカリーニョ賞」

■受賞暦(作家・演出家 ごまのはえ)
2004年、『愛のテール』(2003年上演)で「第11回OMS戯曲賞 大賞」
2005年、『ヒラカタ・ノート』(2004年上演)で「第12回OMS戯曲賞 特別賞」
2005年上演『ヒラカタ・ノート』で「新・KYOTO演劇大賞 演出賞」
2007年上演『結婚申込』(作:アントン・チェーホフ)で、「ぶんげいマスターピース工房2007特別公演『競作・チェーホフ』最優秀演出家賞」

ニットキャップシアター 毛帽子事務所

〒606-8233 京都市左京区田中北春菜町7-1 若竹荘7号室
TEL:090-7118-3396(毛帽子移動事務所)
e-mail:info@knitcap.jp | Web:http://knitcap.jp

劇団代表:ごまのはえ
プロデューサー:門脇俊輔
 

※こちら→ ■Link